TOP  >  なーお'nぶろぐ  >  なーお  >  オーディオ  >  [Audio鑑賞]有山麻衣子「幻のコンサート」

なーお さんの日記

 
2006
8月 9
(水)
00:01
[Audio鑑賞]有山麻衣子「幻のコンサート」
本文

有山麻衣子「 幻のコンサート

maiko.jpg

stereo 誌8月号で、村井裕弥氏が今月の優秀録音として紹介していたCDです。 何を隠そう、先日のstereo誌スピーカーコンテストの本選で視聴にも使われた モノでして、べらぼうに音が良いです。本選では、このCDの1曲目「花かげ(大村主計 / 豊田義一)」の「暗騒音」「ボーカルの清清しさ」「ピアノの厚み」などをチェックしていたようでした。
Ortho Spectrumというレーベルから出ているCDで、amazonでは入手できずHMVで購入し2週間後に入荷しました。
このCDの録音の特徴として、インフラノイズ社の「10万年に1秒の誤差というセシウム原子時計を基にする標準電波時計を受信してクロック源に用いた高精度化マスタークロック(ABS-7777)」をマスター作成時からCDに落とすまで一貫して使用し、クロック誤差による音質劣化をほとんど無くしていることです。

アマチュアソプラノの有山さんの、すっと伸びる「ノンビブラート」の清楚な歌声に、 佐藤和子さんの弾くブリュートナー製ピアノの厚みのある音が、70名限定公開のライブホール(ムラマツ・リサイタルホール新大阪)に響き渡る様が、目の前に広がります。

収録曲はほとんどが日本の愛唱歌ですが、最後のほうにモーツアルトが3曲入っています。

stereoの村井氏によれば、ハイレベルのオーディオ機器で聴けば至福のときを味わえるが、悪いシステムでは学校の卒業コンサートのようにしか聴こえない、シビアなCDだとか。  オーディオチェック用として、ぜひ1枚持っていたいCDです。

閲覧(12779)

コメント一覧

投稿ツリー


ワタヤン   投稿日時 2006/8/9 13:22
ほしいなあ。

確かに録音品質の低いCDはありますし、自分のシステムはそれを識別できる程度の音響設備ではあると自負してはいますが、このような品質のすばらしいと言われるCDを自分のシステムで再生したときにどの程度のクオリティーで再現できているのかを知る術がありません。orz
実際にハイレベルなオーディオ機器やルームアコースティックのある所に行って聴くしかその真価を知りえないと思うとチープ系オーディオ好きとしては悩ましいところです。
 
なーお  投稿日時 2006/8/11 21:00
ワタヤンさん
うちのシステムで聴いても良い音だってわかりますので、大丈夫と思いますよー。
ひげ サイトURL  投稿日時 2006/8/12 15:28
私もこのCD購入しました。素敵な声にうっとり

アマチュアですが いいですね。

自作の真空管アンプから奏でる音は、実にいい
なーお  投稿日時 2006/8/12 21:39
ひげさん、こんばんは。 聴くほどに沁みてきます。

出張先でポータブルプレーヤで聴くと、ステレオイヤフォンが残念ながら音割れしちゃいます。 このソプラノの反響音の多い録音はすごいですね。
コニ   投稿日時 2006/8/15 14:58
昨日届きました。
夜遅かったのでサッと1回聴いただけです。
天使の声でした。
明日から夏休みじっくり自作スピーカーを交え聞き比べてみようと考えてます。
なーおさん、良いCDをご紹介頂きありがとうございました。
にゃんこ   投稿日時 2006/8/30 20:40
確かに凄いクオリティですね。
実験的に、バッテリ駆動のCDウォークマンを使って、管球アンプ経由でタンノイのSTIRLINGで再生してみました。
これはいけます。 ちなみにアンプ無しでも、ちょっと高いヘッドフォンならさほど音割れは気にならないよ。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
ブログ投稿者
なーお さんの日記
アクセス数: 6040134 



カレンダー
«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
カテゴリー
月表示
新着ブログ
新着コメント