TOP  >  なーお'nぶろぐ  >  なーお  >  PC,Linux,仮想化  >  [Linux] CPUパワーと仮想NIC速度の関係

なーお さんの日記

タグ [VineLinux] 
 
2006
11月 10
(金)
20:02
[Linux] CPUパワーと仮想NIC速度の関係
本文

↓11月4日の記事で、とりあえずwindows2000+VMware+VineLinux4.0(rc2)に 会社の内部データを移行して運用してきました。
けれども、なぜか立ち上げ後にVMWareのサービスが自動で立ち上がらなくて手動起動しなければいけないし、オンボードNICを認識できなかったり若干不安定な状況でした。
で、MusicサーバーにしていたwindowsXPproマシンのVMware上で、ネットワーク転送速度を測定してみたら、こりゃ速い・・

 いずれも、クライアント(ThnkPad-T42 winXP)    から 600Mbyteのファイルを samba経由にてLinuxRaid1ディスクに、1対1で書き込み/読み出し、VineLinux上のシステムモニタで簡易的に確認したものです。 どちらもNICはGigabit対応のもの。

マシン1
win2K-VineLinux4
(Pen4-2.8G
-soc478)
マシン2
winXPpro-VineLinux4
(Athron64 X2 3800+
-socAM2)
書込 約35Mbps 約100Mbps
読出 約35Mbps 約200Mbps

 マシン2の書込速度がマシン1の3倍出たのは体感どおりです。 しかし、それ以上に読み出し速度が速い! OSの違いに因るもの?  これならストレスなく仕事ができますねー。

 やはり、仮想PCをエミュレーションしているだけあって、CPUパワーはストレートに効いてきます。 ネイティブLinuxは一世代前のPCでも十分な速度で使えるのですが、 仮想PC上になると結局マシンリソースが物をいうことが改めて実感できました。

**

 こうなると、またまた構成変更の欲求が・・ とりあえず電源付きケース(Antec P150)だけ買って、マザーやCPU・HDDなどの中身はwinXPマシンからインストールデータごとそっくり移して使おうという計画。 (XPの構成変更規制にひっかかると面倒だし。) 
 そうして、1年半連続稼動してきた現行サーバー(Celleron2.4G-soc478)は丸ごと予備機に。。 速度的にも十分使えるけれど、 今となってはケースの構造も電源も静音にはほど遠い代物なので良い機会かな。

 (今回の一連の投資額は予定よりだいぶ膨らんでしまいました)

 最終的な移行が完了するのは、仕事の都合で11月末頃まで見送りとなっていますが、出来たらまた記事にします。

閲覧(20707)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
ブログ投稿者
なーお さんの日記
アクセス数: 6319689 



カレンダー
«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
カテゴリー
月表示
新着ブログ
新着コメント