TOP  >  なーお'nぶろぐ  >  なーお  >  オーディオ  >  [Audio] stereo誌コンテスト作品の製作1

なーお さんの日記

 
2012
8月 19
(日)
20:41
本文

昨日設計をまとめたスピーカーの製作を開始。まずはいつものように内蔵する3Dスパイラルダクトから。
朝からケガキを開始して、10時過ぎからカットを始めて、途中昼寝したり休みながらやったので夜の7時過ぎにようやく終了。 :-D

毎度のことながら、暑さと粉じん、そして蚊と闘いながら、汗まみれ粉まみれの切り出し作業だった。

今回はとても柔らかいホワイトウッドだったので切り出しは楽だった。その分、仕上がり状態は荒く、組み立ての際にボルトで締めあげても空気漏れが出そうな感じ・・ まあ仕方ないね。

スパイラル内径110mmは、各ディスクの段差部分の削り込みに使うディスクサンダーがぎりぎり使えるサイズと判明。これ以下のサイズでは今回の製法では製作困難。 アブナイ危ない・・  :-(

出来あがったディスク群の片ch分をM6寸切ボルトで締めあげてみたら、なんだかケバブに見えてきて食欲が湧いてきた。 :hammer:

続きは今週の仕事が暇な時と週末で実施予定。 とにかく音だし出来る状態にしないと調整が間に合わない!

画像1

原寸大のテンプレートを印刷し、スパイラルのディスクにケガキを行う

画像2

くり抜き部分のコーナーと中心ボルト用穴をあけ、ジグソーで切断

画像3

内径110mmは、ディスクサンダーがぎりぎり使える限界。これ以下のスパイラルは、この方式では製作困難

画像4

ボルトで締めあげると、ケバブの出来上がり(嘘)

閲覧(7896)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ