TOP  >  なーお'nぶろぐ  >  なーお  >  オーディオ  >  [Audio] Stereo誌2016年8月号付録ユニット

なーお さんの日記

 
2016
4月 23
(土)
16:01
[Audio] Stereo誌2016年8月号付録ユニット
本文

コイズミ無線ネットで買い物していたら、なにやら気になる一文が。。

イベント紹介 > STEREO 8月号付録 FOSTEX製8cmユニット試聴会

おおーっと! 今年も付録が。 それもFostexから8cmメタルコーン。 これは5月21日(土) 13:00~15:00の視聴会に行かなきゃ :-D

他のサイト等ではまだ告知を目にしていないので、この視聴会の連絡が初告知でしょうか。

気になるコンテストがあるのかどうなのかは、今の段階では情報が少ないですが、何となくありそうですね。 ;-)

閲覧(6794)

コメント一覧

投稿ツリー


kaneya サイトURL  投稿日時 2016/5/2 16:25

東京近郊に住んでいる人が羨ましい。音の感想などブログに乗せてくださいね。

田舎に住んでいる私は、そろそろ山菜採りシーズンなので、親父に付き合って山菜採りです。行きたいけど行けない。

ところで、例のユニット、Stereo誌5月号では、大きいタイトルではフルレンジ、小さい文字の規格の方では、ウーファーと書かれてますね。単に誤植かな?

なーお  投稿日時 2016/5/2 18:49

kaneyaさん、コメントありがとうございます。
確かに近郊に住んでないと、こういう機会はなかなか無いですものね。 視聴会の様子はまたアップしますね。

なーお  投稿日時 2016/5/21 22:01

本日の試聴会、行ってきました。

浅生さんの説明で進行していきました。
普通の推奨バスレフ箱と、ダブルバスレフの2種類の箱で鳴らしました。

どちらも、高域の音質が私好みのスムーズな感じではなく、どうしてもアルミっぽさが出ます。シーネ・エイのボーカルもかかりましたが硬質な温調、オーケストラの木管がそれらしくない、などです。 半面、金管楽器やピアノの立ち上がり、低域の質は良かったです。

ダブルバスレフのfd1が300Hz以上、fd2が72Hzと、間がとっても離れた設計だったのですが、きわめてフラットな低域で、ダブルバスレフ臭さがなくて優秀でした。 これでいいじゃん、やることないや、と思ってしまいました。

kaneya サイトURL  投稿日時 2016/5/22 14:12

試聴会の感想ありがとうございます。

>どちらも、高域の音質が私好みのスムーズな感じではなく、どうしてもアルミっぽさが出ます。

なるほど、だから表形式で書かれているユニットの詳細には、8cmウーハーと書かれているんですね。低域を頑張ったため高域に癖が出ているのかもしれませんね。エージングで多少は改善すると思いますが。

なーお  投稿日時 2016/5/22 17:44 | 最終変更

kaneyaさん
低域を欲張った感はなくて、素直でクセが無い印象です。 高域もアルミコーンとしてはどうなのか、私はアルミコーンユニットを所有していないのでよくわかりませんが、自分の好きな、以前のFE103E系のまったり繊細系の高域で無いことは確かです。 エージング、時間がかかるでしょうね。

将来の楽しみとして、1set買っておくのはアリかなあ。。今すぐこれで作りたいとは思わなかった。 作るとしたら、高域切ってウーハーとしてですね。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
ブログ投稿者
なーお さんの日記
アクセス数: 5606576 



カレンダー
«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
月表示
新着ブログ
新着コメント