Re: パッシブアッテネータは難しい。平衡変換ラインアンプ

対象モジュール なーお'nぶろぐ
件名 パッシブアッテネータは難しい。平衡変換ラインアンプ
要旨 2週間前に製作を開始した、パッシブアッテネータが音出しできるレベルまで完成し、mbedコンパイラを使用したC/C++プログラムでLPC1114マイコンのUARTシリアル通信によるリモコン操作環境ができました。 出来上がったレシーバー側のアッテネータ基板、上面も裏面もなかなかの集積度。 自分の実力の割にはだいぶ頑張った感があり。 抵抗は結局、入手が容易な BispaのLGMFSAシリーズを、念を入れてパラで使うこととしました。 ボリウムを付けたリモコン側は、左側に7セグメントのボリウム表示を装備するつも...

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なーお

なし Re: パッシブアッテネータは難しい。平衡変換ラインアンプ

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/12/29 23:30
なーお  長老   投稿数: 1580

ツトムさん

コメントいただき早3か月、返信遅れてすみません。
Moode Audioのソフトボリウムは32bit処理で絞っていて、出力も32bitでDACへ出しており、bit落ちはそれほど酷くはありませんが、 それでも60%程度に絞ると音質の変化が大きくなりますね。 アッテネータもうまく併用しようと思います。

投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ