トップ  >  Libertyの部屋  >  Gallery  >  Liberty's Gallery-なーお@インチアップ後

Liberty's Gallery 2008/6/14

Data (Upload:00/1/11)

ハンドルネームなーお@インチアップ後
ホームタウン神奈川県横浜市
納車99年8月
グレードL-Apack
ホワイトパール
駆動FF/CVT
オプション・
アフターパーツ
今回追加分: アルミ=STERN FACE-1 BEAST 7J-16 offset+35mm(中古で9千円/本)、 タイヤ=ダンロップ LM701 205/55/16 VR89
購入動機

Picture

たっちゃんのローダウン画像と同じアングルから撮影しました。 ローダウンしないと、SUVのような腰高の印象が倍増します。

フロントから見ると重心が上がった印象

リヤからはSUV的な力強さを感じさせ、悪くない

ぐっと引き締まったサイドビュー

アップで見ると、こんな感じ。


リヤのサスを眺めていたら、わかったこと: サスはサブフレーム構造になっているんですね。でもこんなに大きな空間が… もっとスペースを有効に使った設計ができるでしょう。ラゲッジのアンダーBOXに振り当てる空間がこれに消えているのですよ→日産さん!

我が子もご満悦(?)


Impression

 今回は、どうしてもノーマルタイヤに我慢できなくなったので、主の目的はタイヤのグレードアップでした。 でもどうせならインチアップしたい・・ ということで、中古の16インチアルミで適当なのを探していたら、ありました(^^)

1本だけ目立つ傷があったけど、ヒビなどは入っていないことを確認し即契約、翌朝取り付けてもらいました。


インチアップ後の印象
  • カッコ良さ:
     16インチということで写真では若干の違いしかないようだけど、実物はかなり良くなりました。 ただ、タイヤ外径が4%ほど大きくなったので、腰高感を今まで以上に感じます。 また、フロントのフェンダーとのクリアランスもなぜか余計に気になります。
     ホイールそのもののデザインは、高級感こそないが安っぽくもなくてスッキリ力強さを感じさせる好印象のホイールです。

  • グリップ・操縦安定性:
     プアーなノーマルからの交換であり、さすがに効果絶大! 前を走っていたアルテッツアをその気にさせるくらい、ハイペースでコーナーを安心して抜けられた。
     グリップを高くすると当然ロールが大きくなるが、ロール感はジャッキアップ的でなく自然な沈み込みで、ムリのない特性。また、ロールした状態で路面のうねりを通過した時のスタビリティーも悪くない。
     でもやっぱりロールそのものは かなり大きいので、ハイペースで走るにはコーナー入り口での早めのステアが必要。ワインディングの切り返しが続くと、結構疲れる。 ちょっと速いくらいのペースなら、今までとは比べ物にならないくらいに、楽になった。
     高速での安定性はもちろん向上したが、ステアリング中立付近でのフリクションがやや増えたためか、ノーマルよりも直進に ほんの少し気を使う必要が出た。

  • 乗り心地:
     タイヤのグレードを押さえたので(本当はREGNOにしたかったが、何しろ値段が・・)、ほぼ予想していた通り 細かい目地のゴツゴツを拾うようになった。 でもサスが柔らかいので 突き上げ感はそれほど悪化しなかった。
     もし仮にホイールを17インチで215/45/17タイヤにしていたら、ちょっと私の許容範囲を越える程の悪化になるだろうと思う。 やはりステーションワゴンと違い重心が高い分だけ、同じサスの硬さでもロールが大きく、走りと乗り心地のバランス点は低くならざるを得ない、と再確認した。

 ということで、やはりローダウンしてみたくなったのでした。でも乗り心地はあまり悪くしたくないしなあ・・  スタイル重視で、フロントだけのローダウンってのはどうだろうか?



プリンタ用画面
投票数:134 平均点:5.97
前
Liberty's Gallery-なーお@オリジナル
カテゴリートップ
Gallery
次
Liberty's Gallery-なーお@H.S化着手

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ