この記事の内容は古いので、XUGJ Module Manuals / X-update を参照ください。

X-updateとは? anchor.png

アップデータモジュール「X-update」(えっくす・あっぷでーと)は、XCL (Xoops Cube Legacy) 2.2 以降で動作し、モジュールやテーマのインストールやアップデートをFTPクライアントを使わずに迅速に行うことが可能になる、ユーティリティ系モジュールです。

Page Top

何ができるの? anchor.png

  • FTPクライアントソフトにノータッチで、対応モジュールやテーマをインストールできます。
  • 対応モジュールやテーマの最新版を、xupdateの管理画面操作だけで各公開サーバーからダウンロード取得し、解凍・展開・アップロードまでやってくれますから、その後で通常のモジュールインストール操作を行うだけです。
  • モジュールだけではなく、テーマもストアサイトからダウンロード取得~アップロードまでやってくれます。
Page Top

動作要件 anchor.png

xupdateを使うためには、以下の環境が必須または推奨となります。

  • PHP 5.2.0以上 (必須)
    • cURLエクステンション (必須)
    • zip 拡張関数:--enable-zipでphpがコンパイルされている (推奨)
  • MySQL 5.0 以上 (必須)
  • Xoops Cube legacy 2.2.0 以上
Page Top

対象モジュール・テーマ anchor.png

+  Xoops X (ten) ストア管理モジュール

[bulletin]:ユーザが自由にコメントできる、<br/>スラッシュドット風のニュースモジュール
[cubeUtils]:マルチ言語とログイン拡張用モジュール
[d3forum]:コメント統合機能が秀逸なXOOPSフォーラムモジュール、
[d3pipes]:RSS等のシンジケーションを自由自在に扱うためのモジュール
[gnavi]:GoogleMapを用いたエリアガイド作成モジュール
[myalbum-p]:XOOPS内でPhotoアルバムを作れるモジュールです
[multiMenu]:Xoopsに自由なマルチメニューを表示する
[none]:「特に何もしない」noneモジュールの、テンプレート強化版
[openID]:Xoops Cube にOpenID認証でログイン可能にするモジュール
[piCal]:カレンダーモジュール
[pico]:静的コンテンツ作成モジュール
[search]:xoopsコアのsearchの代替モジュール
[xpress]:ブログツール wordpress を XoopsCube 上で使えるモジュール
[xsns]:SNSをXOOPS内で立ち上げることができるモジュールです
[xupdate]:xupdateモジュール自身

+  naao GitHub ストア管理モジュール

[d3diary]:簡単に使えて、友人機能との連携や記事単位の権限設定など高機能の日記モジュールです

+  domifara ストア管理モジュール

[xugjmcdel]:xugj_assign のメニューキャッシュを削除するモジュール
[myckeditor]:CKEditorとファイルマネージャー by domifara
[chalog]シンプルなブログモジュール XCL日本語専用

+  HypWeb GitHub ストア管理モジュール

[HypCommon]:携帯やスマホ対応、スパム対策などを可能とするHypCommonFunc 本体と関連の設定
[xpwiki]:PukiWikiベースのWikiモジュール。hypconfを先にインストールしておきます。
[xelfinder]:ファイルマネージャー elfinder for xoops from GitHub。セーフモードではGitHubからは取得できません。

+  xoops123 ストア管理テーマ

[fashion_a]
[fashion]
[photograph]
[basic5]
[basic5a]
[magazine]
[4seasons]:1月~12月の、月毎のテーマを自動的に表示します。
[January]
[February]
[March]
[April]
[May]
[June]
[July]
[August]
[September]
[October]
[November]
[December]
[simple]
[vgrid2]
[vgrid]
[momiji]
[sakura]
[colors4x]
[colors3x]
[colors2x]
[colors2]
[colors]

Page Top

使い方 anchor.png

Page Top

ダウンロード anchor.png

GitHubのXoopsX配布リポジトリ群の中にあり、以下のURLで最新のスナップショットソースをダウンロードできます。 最終的に、Xoops X (ten) パッケージに同梱され、2ndインストーラで導入推奨モジュールとなる予定です。
https://github.com/XoopsX/xupdate/downloads
(現時点ではアルファ版のため動作が不安定です。また、今後の改編で再インストールが必要になる場合があります。)

Page Top

展開とサーバーへのアップロード anchor.png

zipまたはtar.gzどちらかお好みのアーカイブでダウンロードし、解凍・展開ののち、d3モジュールなど複製対応モジュールと同様に、 html配下(htmlフォルダは含まず)を、xoopsのxoops_rooth_pathに設定されたサーバー上のフォルダ内に。xoops_trust_path配下を同じくxoops_trust_path内にアップロードします。

Page Top

インストール anchor.png

xupdateのインストールは、通常のxoops cubeモジュールのインストールと同様です。

Page Top

一般設定 anchor.png

preference.jpg
  • 圧縮ファイルダウンロード・展開用フォルダ
    アーカイブをダウンロードして展開するために使用するフォルダ。(xoops_trust_path)配下のディレクトリを指定、最初と最後の"/"(スラッシュ)は含めません。通常は、uploads/xupdate のままでご使用ください。
    このフォルダには、707,777 などの書き込み権限を与えてください。
  • 使用するFTPライブラリ
    サーバーにファイル群をアップロードする際に使用するFTPライブラリの選択。カスタムFTP(標準)を選択して問題が解決できない場合、
    PHP_FTP(FTP over SSL用)や、カスタムSSH_FTPをお試しください。
    • カスタムFTP(標準)
      PHPにFTP関数が実装されていない場合は、まずはこのカスタムFTPを選択します。
    • PHP_FTP(FTPS用)
      PHPにFTP関数が実装されている場合は、こちらも選択できます。 サーバーがFTPSでの転送をサポートする場合は、これを選択して、次項でSSL(FTPS)を設定します。
    • カスタムSSH_FTP
      サーバーがSSHの使用をサポートしている場合、標準のカスタムFTPよりもこちらの方が高速に動作する場合があります。
  • SSL(FTPS)を使用する
    前項で「PHP_FTP(FTPS用)」を指定した場合に、SSL(FTPS)が使用可能です。
  • FTPログインID/FTPログインパスワード
    ご使用のサーバーの、FTPログインIDとパスワードを入力します。
  • デバグ出力を表示する
    問題が解決しない場合は、ここを「はい」とすることで、追加デバグ情報が表示されます。
  • テーマURL
    CMS Theme Finder のURLで、通常は変更不要です。
Page Top

動作チェック anchor.png

check_NG.jpg
展開フォルダの権限設定が不適切だったり、FTPログイン設定が間違っていると、上のように赤字で表示されます。 下のように緑色表示になると正常ですので、設定を見直してください。
check_OK.jpg
Page Top

モジュール anchor.png

  • 「モジュール」タブを選択すると、モジュール一覧表示になります。
    module_list.jpg
  • 「操作」のアイコンをクリックすると、インストール・またはアップデート画面に移ります。
    install_confirm.jpg
  • 「インストール」をクリックすると、アーカイブのダウンロード・展開・サーバーへのFTPでの配置が行われます。
    install_finish.jpg
  • 「インストール」をクリックして、通常のモジュールインストールに進みます。
    install_install.jpg
Page Top
ディレクトリ名の変更 anchor.png

d3モジュールなど、複製対応モジュールはモジュール名(ディレクトリ名)が変更可能です。

  • まず、「モジュール名」を編集し、「モジュール名編集」ボタンで送信
    dirname_edit.jpg
  • 確認画面で確認し、「アップデート」
    dirname_confirm.jpg
  • 編集が保存されるので、インストールに進みます。 元のモジュール名の行が追加されていますので、同様に追加インストールやモジュール名変更操作が可能です。
    dirname_install.jpg
  • 元のモジュール名のままインストールした場合には、 その行のモジュール名を同様の手順で編集・アップデートすることで、 編集後の行と元のモジュール名の行になってくれます。
Page Top

テーマ anchor.png

テーマも、モジュールと同様の手順でインストールが可能です。 テーマ名の変更・複製はできません。

Page Top

テーマファインダ anchor.png

CMS Theme Finderに登録されているテーマをダウンロード・インストールできます。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2383, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2012-05-13 (日) 08:32:17
最終更新: 2012-05-13 (日) 12:08:58 (JST) (2254d) by naao