トップ  >  趣味の部屋  >  クルマ  >  日産ノートE12 X DIG-S インプレ

 10月1に納車され1カ月経ち、だいたいわかった気がするので改めてインプレを纏めておく。 一言でいえば「全身全方位スマート」な車といえるのではないかな。
 以下、適宜追記・改定するのでご容赦を。

 最新燃費経緯はこちら(みんカラ)

グレード・オプション anchor.png

  • X DIG-S (SC付,2WD-CVT)
    • オートエアコン+フィニッシャー
    • 特別色:オーロラモーヴ(RP)
  • ディーラーオプション
    • ベーシックパッケージ
      • フロアマット、サイドバイザー、マルチラゲッジボード
    • マッドガード
    • メンテプロパック
    • 5イヤ-ズコート
  • 納車時の下取り車パッソとの2ショット
    000758f22cd24dc46e5278f45b7da37a89.jpg

エクステリア anchor.png

  • 全体的にフォルムは良く出来ていて大きな破綻が無い。かなり好みのデザイン。
    • フロントグリルとランプの嵌合デザインは少々やりすぎかと思ったが、見慣れると1クラス上級の車に見えてこれはこれで有りかも。
    • サイドビューはスカッシュラインのお陰でボテっとせず軽快感があるし、写り込みが躍動感を生んでいる。
    • リヤのテールランプ前後とテールゲートの線と面の繋がりが良く秀逸。
      0369011fd3874faa6914ffaeda7125c11b.jpg
  • ボディーカラーのオーロラモーヴはカタログ写真よりもずっと落ち着いた色で好み。
  • 今の車にしてはヘッドライトが若干暗いので、バルブを交換。HIDほど明るさ・白さは要らないという人には必要十分な視認性アップをリーズナブルに出来てお勧め。

インテリア anchor.png

  • デザイン
    • オートエアコンとオプションのセンタークラスターフィニッシャーのお陰でチープ感が少し減っていい感じ。
    • ダッシュボードの流れるような砂紋ラインは落ち着いた雰囲気で運転できてこれもグッド。
    • 何といってもフル自発光のメーターは綺麗で見やすく、燃費関係表示も中央にまとまっていて自分的には嬉しい。 アクセルペダルの踏み込み量表示は地味にエコ運転に役立つ。 但し、スポーツモードのランプは右下の見づらい位置にあり戻し忘れるので改善を望む。
    • 内装色に黒しか選べない。我が家は汚れが目立たない黒が良かったからOKだが、雰囲気が暗いのと夏場に暑いのがちょっと。。他の内装色も選べるようになるべき。
  • 機能面
    • サイドミラーが小さめだが、視野角はそれなりに確保されていることと、風切り音低減効果もあるのでこれはこれで慣れの問題と割り切る。
    • サイドミラー前方の小さな三角窓は役に立たないだろうと思っていたけど、有ると無しではずいぶん違うと感じるようになった。
    • 後席の広大なニースペースは素晴らしい。 買い物の荷物もハッチではなく後席足元に置いても邪魔にならない。ただ、荷室はもう少し広さがあっても良かったのではないか。
    • 後席ドアは短めの前後長で開角度を大きく取ってあり、荷物を背負っての乗り降りなどが楽。赤ちゃんをチャイルドシートに乗せ降ろしなどもスライドドア並みに楽なもと想像する。
    • ドリンクホルダー近くに照明が無いので、夜は手探りになる。 ルームランプも非常に暗いので、LEDへの交換を予定。
    • サンバイザーの幅が狭く、朝夕の太陽が眩しい。社外品のサンバイザを取り付けた。

エンジン性能 anchor.png

 1.2Lの3気筒直噴ミラーサイクル、ダウンサイジングエンジンを搭載。

  • ECOモードオンでは、少々もっさりしたドライブフィールでも街中やそこそこの登坂路では2名乗車程度までは全く問題ない。 4名乗車での急坂やパワフルな加速が必要な場合には、アクセルをぐっと踏み込むかECOモードをオフにするとSC過給とCVTの早い立ちあがりで十分なトルクが得られる。
  • 高速走行の追い越しも同様に十分にパワフル。ECOモードオンのままでも必要十分だし、オフだと更にストレスフリー。
  • 騒音と振動は巡航速度では少なく、1,000rpmそこそこで静か。但し1,800rpm付近でこもり音を感じる。 街中の加速で常用する回転数なので、そこを避けるようにアクセルワークをコントロールするようになった。
  • 停止中のアイドリングストップから始動の時の音はそれなりの音量。フル加速時はさすがにザラつき感を感じるし、車外だと直噴独特の「チリチリ・・」という噴射音(燃焼音?)などが耳入ってくるが、気にすれば気になる程度であって、それほどマイナス点をつけるほどではなかった。
  • 副変速機付きのCVT、
    • ごく緩い加速中に変速域で若干の息つきを伴った副変速機の変速を感じることもあることと、早く高速側に切り替えたいと思った時にもなかなか変わらない時にアクセルを一旦抜いて変速させる必要があったりするが、それ以外はなかなかスムーズで今のところ問題ない。
    • 停止からの発進で、早めのロックアップをさせるためなのか、20Km/h到達付近までアクセル踏み込み量と加速感が追いついていない違和感があるが、だんだん気にならなくなった。
    • CVTに付きものの低速でのぎくしゃく感は、だいぶ抑えられているものの少し残っているので、ごく低速ではアクセルワークに少し気を付けていれば良い。
    • 減速停止の際の停止直前にトルコンのロックアップが抜けるためにエンジンブレーキが無くなる瞬間の飛び出し感は強め。ブレーキワークに慣れるとこれも気にならなくなる。
  • 勾配6%までの上り勾配でアイドリングストップ状態から坂道発進の際に、後退抑制機能が使える。
    • CVTの副変速機内2つのクラッチを同時に繋ぐことでトランスアクスルをロックするタイプなので、4輪ホイールブレーキを開放した際に前輪トランスアクスルロックへの荷重移動に伴う微量の後退感がある。 実際には不安になるほどではなく、メーカーに聞いてもこの後退感は問題ないとのこと。
    • 但し、アイドリングストップ中にはエンジンによる油圧が無くなることから、電動油圧ポンプを起動してこれらを制御しているらしい。 万一電動油圧ポンプが故障等で回らなかった場合にはロックが作動せず大きく後退してしまう危険性があるため、ブレーキを緩める際には大きく後退しないことを確認してからアクセルペダルに踏み替え、 万一後退した場合は即座にブレーキを強く踏むような準備をしておくと安心。
    • もしこの後退抑制機能に頼らず発進したい場合は、予めステアリングを少し動かしたり左足ブレーキに踏み変えてアクセルペダルを踏んだり、アイドリングストップオフスイッチを押すことでエンジンを始動できるので、通常のAT車の坂道発進と同様の操作で問題無く発進可能。(もちろん、トルコンのクリープでも後退の可能性が少しでもある時はサイドブレーキ併用すべし)

走行性能 anchor.png

  • 標準タイヤは185/70R14のECOPIA EP150で、コーナーの安心感はいまひとつ。
  • サスは硬めのフラットライド指向。コーナーでのロールは少なく安定している。 タイヤのグレードアップでそこそこ走りを楽しめる足になりそうな気がする。
  • ステアリングは軽く、ノーズもサッと向きを変えるので運転しやすい。
  • 最小回転半径が4.7mと小回りも良い。(15"タイヤだと5.2m)
  • 高速での素早いレーンチェンジも揺れがすっと収まるので気持ちが良い。
    • 但し、高速をかなり飛ばすと路面の状態を良く拾ってポンポン跳ねる感じがするので、路面状態の悪いところではあまり飛ばせないかも。(タイヤを変えたこともあるが・・)

乗り心地 anchor.png

  • 硬めのサスに乗り心地の悪い標準のブリヂストンECOPIA EP150 185/70R14 の組み合わせは大きな疑問。我慢できずにタイヤ・アルミセットで同サイズにて交換した。以下、交換後での印象。
    • 路面の細かな凹凸を割と拾う。標準タイヤでは突き上げが強くてボディーの揺すられ感が強かったが、交換後は当たりがマイルドになって付き上げも軽く感じる。
    • 大きな乗り上げを超える時のストローク感は、案外タップリあってドスンという感じは無く、コンパクトクラスにしてはしなやかな印象。
    • 荒れた路面を走行時の騒音は、標準エコピアでは否応なしに侵入してきたが、タイヤ交換後は多少マシになった。車自体の遮音性もそれほど高いとは言えないと思うのでタイヤの性質が良く出る印象。
    • 冬用タイヤもスタッドレス+アルミで揃えた。 標準サイズは安価で買えて有り難い。こちらはノイズの侵入が減って静か。

燃費 anchor.png

 田舎道を走る時間が長く、年間25,000Kmほど走るため、燃費の良さは一番気になるところ。

  • 4回給油の平均で、当初の予想19Km/Lを10%上回る21Km/L程度で推移。パッソ(1L-4AT)の17Km/L、ラフェスタ(2L-CVT)の13Km/Lと比べてもその良さに目を見張る。
  • とにかく定地走行の燃費はすごく良い。エンジンに加えてCVTの効率の良さとの相乗効果で、30~80Km/hの定地走行で30Km/Lを示すし、60Km/h付近ではそのまま緩加速もできてしまう。
  • 高速で100Km/hでは25Km/L付近を示す。もしずっと80Km/hで走ったらトンデモ無い低燃費になりそう。逆に○20Km/hくらい出してもミラーサイクル領域ならハイブリッドほど大幅な落ち込みは無いと思う。でもそこからの加速や登坂はさすがに燃費悪化も加速するかも。
  • 冬場になって、エンジンの暖気完了にずいぶん時間がかかり燃費は下降傾向。 CVTのロックアップは走り出しからされているのでズルズル感はなく、暖気のために若干濃いめの混合気としているのだろうからその影響が多少ありそう。 しかし、JC08モードで始動直後の運転も加味されるようになってメーカーも対策しているためか、それほど大きな落ち込みにはならない感じ。
  • しかし、1090Kgの車重の加速には燃料消費が多いので、頻繁な加減速を伴う都市部では燃費は伸びないだろう。

価格 anchor.png

 ほぼ同装備のSC無しのXグレード(SC無し)から +20万円という値付けは少々高いと感じる。

  • 燃費もパワーも向上してSCだけでなく直噴化やフリクション低減対策、ノッキング対策などを詰め込んでコストアップしたことと、メーターがすばらしいのは有り難いが、それでも20万円アップはどうかと思う。 装備を揃えるとフィットHVとほとんど変わらない値段になってしまう。 街中走行の機会が多い人には燃費の恩恵は少なく、価格アップの分のメリットを感じにくい。
  • 少なくとも、この価格でオートエアコンは標準装備にしてほしかった。それならエンジンで+12万、メーターとオートエアコンで+8万で感覚的にも釣り合ってくる。
  • また、安全装備のVDC(横滑り防止装置)が今の時点でもオプションなのはどうなのだろう? 日本市場向けには全車標準装備が当然だと思う。

総括 anchor.png

 スマートな内外装、広い室内に安定した足回り、(タイヤを交換後の)バタつかない軽快な乗り心地、 なにより期待以上の低燃費、 いざとなればSC過給して俊敏な走行など、スマートな魅力が沢山詰まった良いクルマだと思う。逆にいえばアクの強さは一切無いので俗に言う車好きの人には向かないかもしれない。
 今後は日常使用だけでなく週末レジャーなどにも使ってゆきたい。

 タイヤ交換前には辛口の70点を付けたが、今では90点を上げても良さそう。

実体ファイル:inc/note_impre

プリンタ用画面
投票数:43 平均点:9.77
前
LAFESTA Highway STAR 2.0G インプレ
カテゴリートップ
クルマ
次
LAFESTA HS フロントスピーカー更新、ドアのデッドニング

コメント一覧

投稿ツリー


katsumi  投稿日時 2013/1/21 15:20

実は次期通勤用主力機にノートを考えてネットでインプレ見てたらなーおさんの所に! :-D 150くらいでSC付のを考えてますが、良さそうですね。

なーお  投稿日時 2013/1/21 17:11

katsumiさん、こんにちは。

おお、ノートも検討対象ですか。

SC付きは、なかなか良いですよ。 まあ欠点もいろいろありますけどね(汗)

燃費は、うちはド田舎なので良いですけど、都市部だと普通の1500とあまり変わらないかもしれませんね。

今なら値引きが拡大しているので、狙い目かもしれません。 ;-)

コニ   投稿日時 2013/4/21 21:52

なーおさん、こんばんは

今日カミさんとノートの試乗にに行ってきました。
グレードの低い車種しかなく少し残念でした。
カミさんが運転、旦那は後ろの席でゆっくり観察。
なーおさんの試乗記の通りの印象でした。

評価の良い点
・コンパクトの割には車内が広々(トランクは狭い)
・燃費がよさそう(アイドリングストップ・小さいエンジン)
・安い
・エクステリア、見栄えが素晴らしい(お値段を抜きにして)

評価出来ない点
・エンジンのがさつきは許しがたい
・乗り心地が良くない
・足下(後席)から騒音が激しい
・エクステリアに比較しインテリアの質感が相当落ちる

カミさんは安さ優先なので気にしないようだが小生はもっと期待していたので正直ガッカリ。

一気に本命のインプレッサスポーツに気持ちがなびいた。

なーお  投稿日時 2013/4/21 22:32 | 最終変更

コニさん、こんばんは。

 ノート試乗されてということで、まあこのクラスの車ですしコストダウンも進んでいますから、コニさんの眼鏡にかなうのは難しいですね。 :-D
 まあ標準タイヤがヒドイので騒音と乗り心地でその面を差し引いて評価しても難しいでしょう。6~8月にミニ改良が入る噂があり、オプションになっているVDCや後席中央ヘッドレスト、ドアミラーウインカーなどが追加されるかもしれないです。
 うちはとにかく後席の広さと燃費の良さで選んだ結果です。

 インプレッサスポーツは幅が広いのが気にならなければ、少し上の車格感があると思いますし、 リヤサスもトーションビームではなくてダブルウイッシュボーンで独立懸架ですから乗り心地も良いはずですので良い選択ではないかと思います。 :-)

 そうは言ってもあちらの評価も分かれているようなので、きちんと試乗をお勧めします。

コニ   投稿日時 2013/4/21 23:28

辛口のコメントを書いてしまい少し申し訳ない気持ちです。
見積もりはなーおさんと同じくX DG-Sで出して頂きました。
値引きも考えていた以上有りカミさんは未練たっぷりの様子です。
今週木曜日にImprezaSport1.6i-Lの試乗予定です。
もし今回SUBARUに決めれば三菱以外の国産自動車メーカー全てに乗った事になります(ヒルマン(いすゞ)は乗りましたがコンテッサ(日野)は乗ってません)

私情に流されずしっかり試乗して来ます。
アドバイスありがとうございます。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ