トップ  >  ROOM GDI FUN  >  └GDI高圧燃料ポンプリコールの全文
ROOM GDI Fun

ROOM GDI Fun
1999/1/24〜

省燃費サイクル
空燃比変化(予想)
負圧計の見方
GDIの省燃費走行
実際の燃費
97/98年モデル比較
前愛車Legnum ST

Homeへ戻る
レグナムのリコール案内

〜 私の愛車 〜
レグナムのリコール案内の全文
  97/11/28掲載



お 客 様 各 位

                              三菱自動車工業株式会社

          ご愛用者のリコール並びに改善対策作業のお願い

謹啓 晩秋の候、お客様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
また、平素は三菱車をご愛用賜り誠にありがたく厚くお礼申し上げます。
さて、このたびご愛用者について、次の事項が分かりましたのでご連絡申し上げます。
(1)高圧燃料ポンプの燃料通路の仕上げに不適切なものがあるため、そのままの状態で使用を
 続けると、バルブプレートとシリンダ間に異物が噛み込み、燃料圧力が低下し、最悪の場
 合、エンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがあります。
(2)ステアリングコラム下部ベアリング支持パイプ部に加工不良のものがあり、このままの状
 態で高温下使用を続けると、当該ベアリングとコラムパイプ間の接着力が低下し、当該ベ
 アリングが抜け出し、ハンドル操作時にガタつき及び干渉音が発生するおそれがあります。
つきましてはこれらの対策として、高圧燃料ポンプの良品との交換、そして当該ベアリング
の取付け状態を点検し、不良のものは修正するとともに、当該ベアリングを固定するクラン
プの追加装着作業を実施させていただきたく、お詫びとともにお知らせ申し上げます。
ご多忙の折、誠に恐縮に存じますが、表記の取扱い販売会社(又はお買上げ販売会社)にご
連絡の上、リコール対策並びに改善対策作業をお申し付け下さいますよう、お願い申し上げ
ます。(実作業時間は約1時間程度)
 このたびの作業にあたり、大変なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げますと
ともに、今後とも品質の向上につとめる所存でございますので、末永く三菱車をご愛顧賜り
ますようお願い申し上げます。
                                       敬具


運輸省のリコール連絡ページへのリンク

運輸省の改善対策連絡ページへのリンク

私のクルマの故障原因説明図
(今回のリコール事象とは、ちょっと原因が違います。)

Homeへ戻る

プリンタ用画面
投票数:123 平均点:4.47
前
GDIレグナムのトラブル情報
カテゴリートップ
ROOM GDI FUN

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ