趣味のはなし: マラソン update:2017.11.3

Page Top

距離別自己ベスト anchor.png

距離グロスタイムGPS開催日レース名・当サイトブログ記事公式
サイト
フル3:35:35なし2017.3.26第36回 佐倉朝日健康マラソン
30km2:25:292017.10.72017東京30K秋大会
ハーフ1:35:562017.2.5第28回 旭市飯岡しおさいマラソン
10km0:45:452017.10.1第32回白井梨マラソン
Page Top

今シーズン予定レース anchor.png

開催日レース名距離公式
サイト
ENTRY
結果
2017.10.1第32回 白井梨マラソン10km完走
2017.10.7東京30K秋大会30km完走
2017.10.29第2回 水戸黄門漫遊マラソンフル完走
2017.11.12第31回 成田POPランハーフ完走
2017.11.19第5回 銚子さんまマラソンハーフ
2017.12.3第12回 湘南国際マラソンフル
2018.1.13第44回 市原高滝湖マラソンハーフ10km
2018.1.28第38回 館山若潮マラソンフル
2017.2.4第29回 旭市飯岡しおさいマラソンハーフ
2018.3.11第6回 古河はなももマラソンフル
2017.3.25第37回 佐倉朝日健康マラソンフル
2017.4.8?第18回 日立さくらロードレースハーフ
Page Top

当サイト関連ブログ anchor.png

 レース以外のランニング関連ブログ一覧です。走法やトレーニング、シューズなど

Page Top

参考サイト anchor.png

  • Jack Daniels' VDOT running calculator
     このサイトでは、有名なダニエルズさんの理論によるVo2maxからの各レース目標値を計算できます。
    私の場合、ハーフマラソンの値が一番良い結果を出しており、2017年夏の時点でベストの 第28回 旭市飯岡しおさいマラソン 1:35:56を入力すると、 フルマラソンの目標タイムは03:19:53、4:44/kmペースと出ます。
  • 凝り性、たのくるのマラソン研究日誌
     50台後半でサブスリーを達成されている、たのくるさん。ダニエルズさん理論を独力で解釈しトレーニングに展開されている、大変参考になるサイトです。
Page Top

参考書籍 anchor.png

  • ダニエルズのランニング・フォーミュラ第3版 ジャック・ダニエルズ 著
    VDOTベースのマラソントレーニング方法研究書、正真正銘のバイブルで全世界のランニング指導者がこれを参考にトレーニングを指導しています。 私もTペース(乳酸処理閾値走)トレーニングなど取り入れています。
  • 金哲彦のマラソン練習法がわかる本 金哲彦 著
    目標タイム別のトレーニング法。一般的なトレーニングメニューを、参考例とともに物語風に読めてモチベーションも向上し楽しめます。
  • 走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー 運動オンチで85kg 52歳フルマラソン挑戦記! みやす のんき 著
    独自の走法理論で50代でサブスリーを達成。既存の理論をかなり否定していますが、共感できる部分も多くあり参考になります。
  • 「大転子ランニング」で走れ! マンガ家 53歳でもサブスリー みやす のんき 著
    上記の続編で、より走法解説に重点を置いた書。広く知られるツイスト双方を一刀両断に完全否定していて、おぼろげに感じていた疑問が晴れてスッキリしました。しばらくの間は走法はこれを参考にします。
  • 「3時間切り請負人」が教える! マラソン<目標タイム必達>の極意 (SB新書) 福澤 潔 (ミズノランニングクラブ監督) 著
    30km走もインターバルトレーニングも要らない、嫌な練習はやらなくて良いという視点でサブスリー市民ランナーを多く指導した筆者の持論書。 説得力という面では今一つですが、何が何でも理論という風潮から一線を画して、読むと正直ほっとします。今シーズンはこの書を参考に、日々の5分30秒~6分/kmペースのJOGと週1回の15kmビルドアップ走を中心にトレーニングを積むことで、フルマラソンの基礎走力を付けてゆきます。
Page Top

全レース戦歴 anchor.png

-  
開催日レース名・当サイトブログ記事距離シューズGPSグロスタイム公式
サイト
2017.11.12第31回(2017)成田POPランハーフMizuno Wave Shadow1:38:42
2017.10.29第2回水戸黄門漫遊マラソンフルadizero JPN B33:38:39
2017.10.72017東京30K秋大会30kmadizero 匠 練 B22:25:29
2017.10.1第32回白井梨マラソン10kmadizero 匠 練 B20:45:45
2017.4.22第3回 荒川春のマラソン(エンタメラン)30kmadizero JPN B3 ?2:31:30
2017.4.9第17回 日立さくらロードレースハーフtarther zeal 41:40:41
2017.3.26第36回 佐倉朝日健康マラソンフルtarther zeal 4なし3:35:35
2017.3.12第5回 古河はなももマラソンフルtarther zeal 43:42:20
2017.2.5第28回 旭市飯岡しおさいマラソンハーフtarther zeal 41:35:56
2017.1.29第37回館山若潮マラソンフルadizero JPN B33:36:33
2017.1.15第43回 市原高滝湖マラソンハーフadizero 匠 練 B21:37:08
+  2016年
開催日レース名・当サイトブログ記事距離シューズGPSグロスタイム公式
サイト
2016.12.4第9回いすみ健康マラソン・増田明美杯ハーフadizero 匠 練 B2 ?1:37:58
2016.11.13第30回(2016)成田POPランハーフadizero 匠 練 B21:38:24
2016.11.3横濱ノースドックFALLランハーフtarther zeal 41:40:30
2016.10.16第45回タートルマラソンハーフtarther zeal 41:39:32
2016.10.2第31回白井梨マラソン10kmtarther zeal 40:46:56
2016.5.28第21回 小松菜マラソンハーフtarther zeal 41:40:54
2016.5.14第20回 小松菜マラソンハーフtarther zeal 41:38:50
2016.4.10第16回 日立さくらロードレースハーフtarther zeal 41:43:57
2016.3.13第4回古河はなももマラソンフルtarther zeal 4なし3:44:30
2016.1.31第36回館山若潮マラソンフルmizuno 韋駄天4:08:15
+  2015年
開催日レース名・当サイトブログ記事距離シューズGPSグロスタイム公式
サイト
2015.12.11第8回いすみ健康マラソンハーフmizuno 韋駄天 ?1:48:34
2015.11.15第三回 銚子半島マラソンハーフmizuno 韋駄天 ?なし1:54:15
2015.4.5第15回日立さくらロードレースハーフNB M740 v3 ?なし1:52:44
2015.3.22第3回古河はなももマラソンフルNB M740 v3なし4:19:56
+  2014年以前
開催日レース名・当サイトブログ記事距離シューズGPSグロスタイム公式
サイト
1996.4.21小笠掛川マラソンフル4:03:06
1995.11.26第15回 つくばマラソンフル4:38:??
1995.成田POPランハーフ??
1985.12.8第13回 ホノルルマラソンフル3:48:59
Page Top

過去ログ 97/11/09 anchor.png

 学生最後の年、卒業研究発表の準備をおろそかにして、ホノルルマラソンに参加。 フルマラソン経験はそれ以来3度しかないが、その体験談などの紹介ページ。

  • ??年前の、ホノルルマラソン スタート前の写真。
    honolulu.jpg
    •  初マラソンスタート前の緊張に、武者震いがしたのを覚えている。 それにしても、この頃は若かった!
    •  この頃、既にホノルルマラソンはブームで、約1万人の参加者の半数以上は、日本人だった。 また、この年は 郷ひろみ がテレビ撮影とともに参加したようだが、 私はもう一歩の差で敗退した。(笑)
    •  タイム → 3時間48分59秒
       素人の初マラソンにしては、目標タイムの4時間も切れて上出来であった。しかし、ペース配分はむちゃくちゃで、 30Km過ぎからは、ほとんど歩いたような状態であった。練習では20Kmまで走っていたのだが、 フルマラソンがこれほど過酷なものとは想像以上だった。
    •  折角ハワイに来たのだから、あとの2日間は観光を楽しんだ。 もっとも、 1週間は足が痛くておかしな歩き方をしていた。
       

  • その後のマラソン
    •  95年、つくばマラソン (開催日:95/11/26)
        タイム → 4時間38分 くらいだった(忘れてしまった)
       10年間のブランクから明けた、2回目のマラソン。練習で30Kmまで走り、 序盤スローペースを維持したが、中盤飛ばしすぎてまたもや失速。
    •  96年、小笠掛川マラソン (開催日:96/04/21) スプリットタイムグラフ、3.3Kb
       なんとか4時間を切りたかったので、練習もがんばって万全の体調で臨んだ。 学生時代の後輩の家へ当時の仲間3人で押しかけて、前夜祭も早々に切り上げての挑戦。
split.gif

 タイム →    4時間 3分 6秒
 ネットタイム → 3時間58分50秒

   ・・・ネットタイムとは、最近の大会で採用されている 「ランナーズ・チャンピオンチップ」というものを自分の靴ひもに結び付けて、 スタートゲートからゴールゲートの間の本当の通過時間を計測してくれたものである。
 この方法では、スタートしてからスタートゲート通過まで数分かかるような場合でも、 そのロス時間を気にしなくてよいので、スタートの混乱を防げるばかりでなく、 5キロ毎のラップタイムも測定し、後日送付してくれる。

 この日は調子が良く、ペース配分も理想的で、最後は嬬恋の心臓破りの坂もなんのその、 ラストスパートまでしてしまった。
 歩かずに走破できた最初の経験だったのだが、ラストスパートに入ってからの給水所に 名物の「キウイ」が置いてあったことを気づかずに通過し、残念な思いをしたのだった。(^^;
 それでもネット4時間を切れたのは、最高に嬉しかった!!

    •  その後1年ほどトレーニングを続けたが、子供の誕生のあたりから、 この1年は走ることすらしなくなってしまった。
       次回のマラソンはいつになることやら・・・ (笑) 

inc


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 147, today: 4, yesterday: 4
初版日時: 2017-06-30 (金) 13:08:56
最終更新: 2017-10-07 (土) 21:46:43 (JST) (48d) by naao